当たる相性占いで大事なこと・やってはいけないこと

当たる相性占いで大事なこと・やってはいけないこと

難しい結婚を叶えるための相談の仕方
相手の事が気になって相性占いをして貰いたいときに、大事なこととやってはいけないことは実は一つです。
ところが、多くのケースでここを無視してしまうため、泥沼の不安感の中に投げ込まれてしまいます。

 

その大事な事というのは「相手を好きになることが出来るかどうか、そして相手に合わせられるかどうか」です。
やりがちなことは「相手が自分を好きになってくれるかどうか」です。

 

相性占いは二人の関係を鑑定しているように見えますが、実際には「あなたにとって相手はどうなのか」ということが占いの軸になっています。
占い師は「相手はどう感じていますか?」「相手は私を好きになってくれますか?」と聞かれれば、占うことは可能です。

 

しかし、「相手」というのは常に不安定な状態であり、時間の経過と共に変化していきます。

自分自身は変わりません

変わらないところを軸にして相手との相性を鑑定して貰うことで、当たりやすくなります。
また、相性占いをして貰うときは対面鑑定などよりも、電話鑑定の方が良いです。

 

また、これはメール鑑定よりも電話鑑定の方が合っています。
落ち着いた場所(自宅など)で、リアルタイムに占い師に鑑定をして貰いながら、自分自身と向き合うことが出来るからです。

 

通常占いはものすごく緊張するモノです。
その緊張度合いは 対面鑑定>電話鑑定>メール鑑定 の順番で弱くなっていきます。

 

電話鑑定も確かに緊張するのですが、占い師に直接会うほどの緊張感はなく、自分が感じている事を文字に出来るだろうかという考えながらやるメール鑑定より思った通りに出来るメリットがあります。

電話鑑定の一番良いところは「腕の良い占い師にお願い出来る」という点です

難しい結婚を叶えるための相談の仕方

 

相性占いで占い師を探すなら、まずはここの電話占いここの電話占いが良いです。
電話占いのピュアリとウィルですが、この二つはどちらの占い師もものすごい鑑定数と実績があります。

 

占い師を探すときの目安はまず鑑定数です。
鑑定数が多ければ多いほど人気のある占い師ということが分かります。

 

そして、その鑑定数はそのままその占い師の実力に比例します。

占い師は鑑定をすればするほど力が上がります

だからこそ、同じ電話占いの中でも「誰に占って貰うか」で結果が全然違ってくるわけです。
そこで上のリンクには目安になるように「鉄板の占い師」を載せてありますので、迷ったときにはその中から選んでみると良いです。

 

次に、相性占いを受ける時にありがちなのが「何度も受けてしまう」ケースです。
相性占いは何度受けても基本的に変わりません。

 

ただし、占いの種類によっては状況によって変わる事があります。
タロットや霊感などの占いの場合は、その人の現状に影響を受けます。

 

現状が変われば鑑定結果にも変化が出やすいです。
タロットや霊感で相性を占って貰う方法が一つ。

もう一つは生年月日を使った占いです

難しい結婚を叶えるための相談の仕方
西洋占星術や四柱推命、算命学などがそのジャンルになります。
こちらの占いできちんとジャンル分けが出来ているのはここの電話占いになります。

 

ココナラというところですが、電話占いの中では明確に占いのジャンルが分かれている唯一のところと言って良いです。
ここで相性占いを受けるなら「算命学・四柱推命・西洋占星術」が良いです。

 

相手の生年月日も必要ですが、本質の部分で合うのかどうか、合わせられるのかどうか、好きでいられるのかどうかが分かります。
相性占いは霊感やタロット、そしてスピリチュアルのジャンルが非常に多いです。

 

しかも、そういったジャンルと電話占いはよく合っているため、電話占いの世界でも霊感系やスピリチュアル系が圧倒的に多いです。
ただ、相性占いをして貰うときには「生まれたときからこの二人はどうなのか?」「一生を基準に考えた相性はどうなのか?」ということを知れば、付き合い方が大きく変わります。

 

相性の本質(生年月日など)と現状(タロットなど)の両面から占って貰うことで、気になる人との可能性を高めることが出来ます。
こういうことが出来るのは電話占いだけです。

 

対面鑑定などではもともと不可能ですし、フリーの占い師を探すとなるとそれだけで大変です。
相性占いで当てていきたいときは、たくさんの占い師が集まっている電話占いが最も確率を高めてくれます。

 


電話占いピュアリの詳細はこちらから