辛くて苦しいときに出来る事

毎日が苦しくなる人がいます。

「苦しさ」や「辛さ」は、それを感じる原因があります。

一番は「望んでいること」と現実のズレです。

辛さや苦しさは、現実と自分のギャップから生まれているため、何とかしたいならこのギャップを理解することから始まります。

ただし、理解するだけではだめで「どうすれば良い?」というところまで踏み込まないと辛いままです。

苦しいとか辛いとかは、「楽をすれば良い」というのとは違います。

苦しさと楽は関連しないからです。

何を求めていて苦しいかをはっきりさせる

人から見れば楽そうなことでも、本人からすれば苦しいということはたくさんあります。

その人の感覚によるところ、または望んでいることに影響を受けるためです。

辛いな~、苦しいな~となったら、「何が辛くて苦しいか」を整理します。

私の場合だと、商売をする上で「お金」がメインなら、何でも申込みを受け付けて、求めに応じてサービスを提供すれば良いです。

前に物販の申込みがありましたが、初めての人だったので「どうして必要だと思われました?」と問いかけをしました。

通販でそんなことをする業者はいないと思います(笑)。

お金がメインなら、申込み⇒販売の流れしかありません。

私の中では「必要とする人以外にはいらないでしょ」っていうのがあるため、購入理由をお聞きしています。

両方を選ぼうとするからおかしくなる

申込みをされているのですから「必要」かもしれないという仮説はありますが、そこに踏み込んで理由を聞いています。

私の場合は売れなかったら商売になりません=生活が大変になるという図式が成り立ちます。

そうならないように、幅広くチャレンジをし、一つの商売に頼らない仕組みを作っています。

それが出来なかったら、嫌でもやるしか無い=生活のため、という図式が成り立ちます。

生活のために売るしか無いという状況は、占いの世界ではあまり良い感じにはなりません。

お金を優先すると目が曇る感じがするからです。

「売るしか無い」という状況になればなったで、苦しくて辛いかといえば、そうでもないです。

その選択肢しかないないのであれば、苦しいとか辛いとかそんな風にはなりにくいからです。

自分にとって必要な事が分かると選ぶ事が出来る

自分にとって何が必要か分かっていると、想いと現実のギャップが少なくなります。

だからこそ実生活で仕事が辛いとか、家庭生活が辛いとか、そういうことがある場合、「何が辛いのだろう」というところに着目します。

そして、その辛さを切り離すとどんなリスクが出てくるかを考えます。

鑑定をするときは、ここまで突っ込んで鑑定を進めていきます

私だけでも、相談者だけでも答えにはたどり着かないので、一緒に考えます。

すると、自分が何を嫌がっているのか、何を求めているのか、何が出来て、どんなリスクがあるのかが見えてきます。

苦しいままでいるよりも自分を分かった上で判断する方が楽になる

とことん具体的に物事を整理していくことで、「何が必要か」が分かってきます。

鑑定の最後のステージに入ると、この苦しさを取るか、それとも新たに動いてリスクを取るかというところまで見えてきます。

苦しさを取ってでも現状維持を望まれる方もいます。

一方でリスクをとって人生を変えようとスタートされる方もいます。

どちらであってもこれまでの状況とは違います。

それは「なぜ苦しいのか」が分かっているからです。

抜け出したくなったら、違う選択をすれば良いだけと分かっていれば、生き方が変わります。

こういうことを一人でやるのは難しいので、占い師がいます。

苦しくなったときは苦しさに耐えようとするのではなく、自分がどういう状況にあるのかを明らかにすることです。

そうすることで、初めてどうしていったら良いのかが見えてきます。

一緒に読んでみてください:
「 やりたいことをやるのは間違っているの?人生を幸せに感じるとき・不幸に感じるときの違い 」
「不安が強くなるときに必要な事」