行き詰まったときの対処法

行き詰まったら立ち止まり過去を見ると良いです。

今回のお話は「行き詰まり」についてです。

がんばっているけれどなかなかうまくいかない、どうすれば良いか分からないということは日常です。

人生は大変だな~と思うこともありますが、やれることをやっていくのが未来を良くするコツですし、開運の秘訣です。

占いは今、何をしたら良いかを教えてくれる

占いは今に至るまでの経緯と希望する未来を本人に照らし合わせて方向性を教えてくれます。

あとはそこに向けてそれぞれの興味関心で選択を積み重ねていきます。

占いを受けると人生が縛られると思う人もいますが誤解です。

占いを受けたいと思うようなときは何かに行き詰まっています。

行き詰まっているということは、今のやり方や考え方、選択がズレている可能性があります。

このまま行ってもうまくいく可能性もありますが、修正をすればすんなりと運命が変わります。

意識を変えると運命の変化が始まる

意識が変わると今までとは違う選択をし始めます。

私の占いは運命の転換を意識して取り入れています。

運命を変えるには行動が必要ですが、行動を起こすためには意識が切り替わらないと難しいです。

単純に吉方位旅行に行くだけでは吉方位の影響を上手に受けられないケースが多いです。

これは運気を上げる行動までは出来ているけれど、どうやって上げた運気を活かせば良いのか、自分が求めている本当の事は何なのかを理解していないからです。

細かい状況をお聞きし、どこにズレが生じているのか、望んでいる事は何なのかをハッキリさせていくことで、お客さんの頭の中のもやが晴れていきます。

行き詰まりは考えすぎから発生しやすい

行き詰まる人はがんばっていないわけではありませんし、むしろがんばりすぎているくらいです。

私の所に相談される方は何とかしたい人ばかりなので、何をがんばれば良いかをハッキリさせるだけで大丈夫な事も多いです。

行き詰まりを解いたからといって万事がうまくいくとは限りません。

でも、その人に合っていることであれば、結果はなかなか出なくとも道が途絶えることはあまりないです。

何故か次の一手を思いついたり、選択肢が出てきたりします。

自分に合っていることなら行き詰まることでヒントが舞い降りる

行き詰まっているときは、行き詰まったままでがんばろうとするのではなく「さてどうしようか」と立ち止まるときです。

そして、駆け足で通り過ぎてきた道を振り返ります。

ヒントは新しい何かではなく、これまでにやってきたことの何かに気がつくことです。

気づいて頂くために占いを使いながら一緒に考えていくことも多いです。

自分のことですのでヒントさえ出てくれば、気づきも早くすぐに動けるようになります。