自分で決められずに不安、決断が出来ないときの対処法

今は自分で決められなくなるとすごくきつく、自己責任で決断を求められる雰囲気があります。

こういう時にどうしたら良いかがテーマです。

昔と違い好きなことが出来やすい社会的な雰囲気があります。

実際、副業を勧める雰囲気が出てくる中、やりたいことをどんどんやっていきましょうという感じです。

良いように見えますがデメリットもあります。

自分の好きなようにして良いということは、「自分で考え判断してね」と言われていることになります。

普段から当事者意識を持ち、自分で情報を集め、考え、選択をしてきている人にとっては素敵な時代です。

自分が良いと思ったことにチャレンジが出来るからです。

こういった生き方を会社なら出来る人もいます。

でも、プライベートになると急に分からなくなる人の方が多い印象です。

周りが助けてくれないような雰囲気がある

時代の流れが、好きなことをもっとやりましょうという雰囲気になるほどに、不安が強くなります。

これには別の背景もあります。

自分で考え、選択してくださいという背景には「こちらでは責任をとれません」という見えない部分です。

自分で選んだことなら、「あなたが選んだんですよね?」という話になります。

つまり、自分の判断がもうれつに重くなっているわけです。

これでは不安を感じないでいる方が難しいです。

「本当にこの判断をして良いのだろうか」とストレスが出てきます。

人生に影響する判断を自分でする時代

常に人生の判断を求められるというストレスにさらされる時代になってきていますし、これから更に強くなっていきそうです。

こうなると精神的に支えを持つことが出来るかどうか、自分の中に判断基準を持つことが出来るかどうかで、苦しさが変わってきます。

状況は昔と今はそれほど変わっていないと思うのですが、考え方が変わってきたことによって、分散されていた責任の考え方が逃げ道を許さなくなってます。

結果的に起こりうる現象は、決断するのが怖いということと、決断を後回しにしやすくなり、さらなる苦境におちいる可能性を高めてしまうことです。

自分を知ることがますます大事になる

上でもお話をしているように、自分で考え・決めることが出来る人、そして、行動に移すことが出来る人にとっては天国のような時代です。

両極端の傾向があり、時代が進むごとに顕著になってきています。

私は何を選択するにしても軸が必要ですと話していて、占いを使うとこの辺が分かりやすくなるとお伝えしています。

軸とは生き方で有り、人生の目標のような感じです。

これは自分の置かれている状況に左右されることなく、一定の目安を与えてくれます。

目安に出来るものがあると楽になる

全部自分で考え、決めていくのはものすごいストレスになりますが、自分という判断基準を自分の外に置くことで楽になります。

このやり方も自分で考え、決めていくことに違いはありません。

しかし、何かを参考に出来る、しかもそれが自分の人生を目安に出来るとなると、迷いも不安も少なくなります。

今の時代に大事なことは「知ろうとすること」です。

知る事の必要性は今に始まったことではなく、昔から大事なことだと言われています。

時代の流れがどこに向かっているかを知ろうとすることで備えることが出来ます。

置かれている状況を知ることでどうするか決められる

知る事を人任せでも何とかなっていたのが一昔前ですが、だんだんと人任せにすることで息苦しくなってきています。

どうしようかと判断を迷っている間に時間が過ぎ、他に選択肢のない状況を作り出してしまいます。

ポイントは「今はこういう時代になってきているんだな~」と理解しておくことです。

分かっていれば、判断をする必要があるときに悩むことが出来ます。

今何とかしないといけないのか~と悩めば答えも出やすくなります。

分かっていなければ、後回しにする可能性が高まり、自分の首をしめるかもしれません。

自分を知ることはもちろん、時代背景を知っておくだけで選択肢が増えます。

運命にふりまわされるか、出来る事はやっておくか、これすらも自分で選択する時代になっています。