占いを受けて不安になったときは結果と現実を比較する

どんな占いを受けても現実が変わらないこともあれば、簡単に変わることもあります

占いのジャンルは幅広く、普通の人には違いが分からないと思います。

スピリチュアルな感じの占いもあれば、霊視霊感のような占いもあります。

タロットのような占いもあれば、家相や姓名判断など何かを参考にしながら占うものもあります。

霊視霊感は占いじゃない!スピリチュアル〇〇は占いじゃない!という占い側の人もいると思うけど、その違いは相談者には関係無いです。

発信側よりも受け止める側の理解を優先し、受け止め側が理解出来れば呼び名は分かりやすい方が良いでしょう。

そして、この占いの種類だけ「あなたを見る見方がある」と理解されると良いです。

どの占いであっても自分自身を見ていることに変わりはありません。

霊視霊感のように占う側の才能を使うようなものでも、天使と交信するような占いでも、生年月日を使う占いでもです。

自分自身を見ているのに当たる当たらないが出てくるのは、その時に気になっている事からズレている可能性があります。

占いの当たる可能性を高めるために相談の本質(本当に必要なこと)を探ります

もちろん、全てのケースにおいて完璧に当たる占いはないと思ってます。

私自身、当たる事を重視していますが、微妙なずれもあれば、当たっていないと感じこともあります。

その中で一番多いのは「相談者自身の相談がズレている」ことです。

本当に知りたいことはそれなの?というケースです。

私は相談内容について、最初の段階で調整します。

占いで必要なことを明確にするためです。

たとえば凶方位に引越しをするから不安という相談があったとします。

この相談のポイントは凶方位に引越しをすることではなく、その結果、大丈夫なのかダメなのかがあるはずです。

でも、凶方位を何とかすることばかりに意識が向くと相談の本質がずれます。

相談内容がズレると鑑定自体もおかしくなります

相談者自身の相談がズレてしまうと占いの結果もズレていきます。

相談者が相談したいと思っていることの本質が大事であって、それを明確に理解する必要があるのが占い師です。

相談されたことだけを占うなら誰でも出来ますが、本当は一歩踏み込んだ理解が必要です。

双方の理解のズレを減らすために事前調整が出来るならその方が安心なので、私は優先して事前調整をします。

大事な事は「どんな占いを受けたか」ではなく、「自分の相談の本質に答えを出してくれる占いを受けることが出来たか」にあります。

これが難しいです。

今気になっている事、相談したいことが相談の本質かどうかの確認が必要ですし、それによって今の自分にとって必要な答えを得られるかどうかです。

占い師に相談される人(相談者側)でここまで整理出来る人は少ないです。

ここまで整理出来るなら、占いを受けなくても答えを得ることが出来る事も多いからです。

じゃあ、そうじゃない人に取ってどうしたら良いか?

占いを求めるのか?答えを求めるのかで選ぶ占い師が変わります

適切な答えを引き出すために事前に相談内容をお聞きして、相談の本質について整理をするのが私の役割です。

これは占いの話?という感じですが、私が占いに求めていることは「今の私に必要なことを過去・現在・未来から引き出すこと」です。

「占い」を求めている人には合わない話です。

その代わり求めているのが占いでは無く、相談の答え・出口なら違います。

人生のため、いろいろと不安になったときに、占いを使ってどうすれば良いかを知りたい人には役立ちます。

そのために必要な事は、どのような占いであっても構わないので「現実とすり合わせる」です。

現実と占いが結びつけば、その占いの結果は現実に反映出来ます。

精神論ではなく、人それぞれの過去と現実と未来を繋ぐ事で、今必要な事がはっきりする瞬間です。

現実と占いが結びつかないときは、占いを続けるほどに不安が強くなります。

こういう場合、占いよりも現実優先で出来る事をやっていく、出来る事を助言してくれる人に相談していくことです。

その余裕が現状に新しい流れを作り出してくれます。

一緒に読んでみてください:「あなたに合った占い師の見つけ方