不運を察知する、それでも行き詰まったら現実を重視する

占いは開運にも災難除けにも活用できる。でも、最後の判断は現実の世界です。

占いの通りにやって幸せになったっていう人を私は見たことがないです。

まれに鑑定を受けられたお客様からうれしい報告を受けることがありますが、それは当然「その人のお陰」です。

占いが多少の目安にはなったかもしれません。

しかし、その目安を活かし、工夫し、やり続けたのはその人自身です。

占いをありがたがる必要はないですし、ありがたがるなら「自分も意外と出来る!」って思っていた方が余程良いです。

占いに確かなものはないですよって最近、頻繁に繰り返しています。

その理由は、現実がおろそかになりやすい傾向を感じているからです

占いが「それはダメだよ」って教えてくれるということは、現実面のどこかに問題点が隠れていることが多いです。

必ず隠れているとは言えないですが、これまでの経験上、隠れていることが多いというお話です。

占いを信じる信じないという感じで受け止めている人もいるのですが、信じる信じないなんてどうでも良いです。

それよりも「現実と照らし合わせてみてどうなの?」という方が重要です。

占いを元にしてあれこれと現実をチェックしていきます。

すると大きな問題点と小さな問題点、受け入れられる問題点と無理な問題点という感じでどんどん整理されます。

仮に方位鑑定一つだったとしても、その人の実生活全体を再チェックする必要があります

世の中に出ている占いの本は本当に簡単な部分だけ触れています。

「それだけをやれば良い」という感じ。

たとえば、凶方位だけを避ければ良い、みたいな感じです。

でも、現実がついてこないことがあります。

夫婦喧嘩になってしまったり、自分がどうしたら良いか分からなくなってしまったり。

こういうときは、私としてきっぱり言うのは「占いは後回し」です。

気になるのは分かります。

でも、今、占いに固執することで余計に問題が大きくなることってあります

自分一人だけであっても、周りとの関係でごちゃごちゃになることだってあるくらいです。

こういうときは修正が効かないタイミングと理解し、現実を優先します。

現実の中で「一番良い落としどころ」に話を決めます。

それは「自分が我慢する」ということではありません。

自分が我慢するような選択はかなりおかしいです。

占い以外で自分「も」満足できる選択が大事ということ。

占いではこうなっている、占いではこうしないといけないって言ってる人は大分やばい状態です

占い通りに出来ることもあれば、現実を優先して後から占いで上手にリカバリーしていく方法だってあります。

人生の大きな節目だからちゃんとしておかないとって思うからおかしくなることも多いです。

大きな節目であっても、後になれば、またチャレンジしても良いかなって思えることばかりです。

そんな風にお話が出来る根拠は、私のお客様には離婚の相談をされる方がとても多いからです。

結婚も離婚も人生が大きく変わります。

でも、大きな選択をした後、また結婚したいな、また自分らしくやっていきたいなって思える人がとても多いです。

人生の中で一度、なんてことないです

家を買っても建てても、就職しても、なんでも同じ。

いくらでもその気になれば復活できます。

そういう人ってとても多いですよ。

だから、占いを使えるところは使うけれど、無理なところでは無理をしないこと。

ただし、それはあくまで現実の状況把握が非常に重要です。

現実の状況整理のために占いをすることも私の場合は多いです。

現実さえ分かってしまえば、何を優先したら良いか分かることも多いからです。

占いに縛られないこと、たとえ縛られたとしても現実が苦しくなったら現実を優先すること、そうやって逃げ道をちゃんと用意しておけば、意外と良い感じになるってもんです。