上手くいかないままで、がんばらない

今の世の中は「行動してなんぼ」という傾向が強くなり、更に顕著になってきています。

ただし、全ての世の中ではないです。

住んでいる世界、住みたい世界によっては、そんなに行動しなくても、そんなに頑張らなくても良いこともあります。
参考:「運命を変えたいときは環境を変えるところから始めると効果的」

頑張らなくても良い、行動を控えめでも良い世界は時間の流れがゆっくりなところです。

気候的には暖かいところ、暑いところが該当します。

年中暖かいところは時間の流れがゆったりしているので、そこに住んでいる人は時間に追われにくくなります。

時間に追われないのですから、実力とかがんばるとか、そんなに重要ではないです。

上手くいかないときは本当に必要なものが曖昧かも

実力があった方が良いし、頑張る方が良い「とも」言えるのですが、それが無くても受け入れてくれるだけの深さがあります。

今いる場所が自分にとってどうなのかを再チェックしてみる価値はあります。

息苦しいなら環境を変えるのも良いと思います。

ただ、今回のテーマはこれじゃないです。

テーマは「なぜ上手くいかないか」です。

上手くいかない一番の理由は「優先順位」です。

何が一番大事で、その他のものは捨てられる、というぐらいの見極めが出来ているかどうかです。

これには続きがあって「その一番を手に入れられるだけの実力はどうですか?」が出てきます。
参考:「タイミングが合わない人のシグナル」

実力の代わりに需要が高いところを選ぶ

受験と同じで「それが一番」は分かったけど、合格出来るだけの実力はあるの?って話です。

仕事でも恋愛でもプライベートでも共通します。

手に入れられるだけの運と力が無いと難しいという話です。

この「実力」には抜け道があって、「行動力」でカバー出来る場合も多いです。

私は公務員時代ロシア語の通訳をしていたわけですが、ロシア語自体は大学の第二外国語で勉強しただけです(その後留学したけど)。

最初は東京の大学を目指してましたが、勉強不足でした。

その後、ロシア語のなら北海道でしょうって言う友人がいて、それに乗っかりました。

ロシア語はマイナー言語ですが、北海道の海岸線沿い、新潟の都市部などは需要が高いです。

需要が高いところは実力が不足していても、「出来る」ということに価値を置いてもらえ、上手くいきやすいです。

上手くいかないなら、上手くいきやすいところに行けば良いという「行動力」がモノを言うということです。
参考:「運命を変えるコツ」

足りないものを埋め合わせて運を掴む

恋愛でも同じです。

好きな人が出来たら、距離が離れていても行動力でカバーしていきます。

人は一生懸命な人を好きになります。

人間的な魅力は大事ですが、それが多少足りなくても、行動力でカバー出来ます。

行動力が少なめでも、実力が高ければそれはそれで上手くいきやすいです。

私自身はどちらかというと実力派では無く、行動派なので余計にこう思うのかもしれません。

実力を付けるには時間も労力も掛かるので、それならそれをカバーするだけの行動力をあげた方が良いなって思うだけです。

偏見かもしれませんが、占いを受ける人は実力はもう少しなので、他の何かでカバーしましょうって話になりやすいです。

身の回りを整えることでチャンスを呼び寄せる

実力といっても様々なのですが、その人が望んでいる世界の実力という意味です。

実力は一朝一夕にはどうにもなりませんが、運や環境というのは実力よりは整えやすいです。

上手くいかないのが実力不足と気がついたときは、これまでとは違うアプローチを試すときです。

そういうときに占って貰うと、思考が柔軟になって来ます。

「これはダメだ」と思っていた事に、道筋がつくことがあります。

人は出口が見えて、道筋が実感出来るようになると、力が沸いてきます。

その結果、幸運というきっかけを引っ張ってくることがありますので、やってみる価値は十分にあります。

がんばって何とかしようとしない

「上手くいかない!どうしたら良いか分からない」から少し離れて、違う手を打つ。

そうするための目安として「実力不足」なのか、「行動力不足」なのか自問してみると良いです。

そうすれば、今の自分はどうしたら良いか見えてきます。

【ここで取り上げたリンク】
「運命を変えたいときは環境を変えるところから始めると効果的」
「タイミングが合わない人のシグナル」
「運命を変えるコツ」