やりたいことが分からない、どうしたら良いか不安な時

不安がある、焦る、でもどうして良いか分からない時は、「お金を稼ぐ」ためにバイトをしてください。
将来に対して漠然とした不安が出てきて「私の天職は」「私の使命は」という話が出てくることがあります。

自分探しを始めるというか、人生を見失うというか、そういう状態になった時にどうするか。
こういうときは占いで何かを明らかにしたとしても、効果が薄いことがあります。

占いでは現実が変わらないからです。
占いは「こういう風にした方が良い」という目安や方向性、ヒントはくれます。

でも、動けないです。
占いで出てきているヒントやアドバイスは納得もするし、その方が良いことも分かるのですが動けない。

腰が重くなっていて、空回りしている状態です

言ってみれば、誰かに背中を蹴飛ばして貰って突き動かして貰うしか無いような状態です。
でも、なかなかそうはいかない。

じゃあどうするか?っていうと、一番手っ取り早く「バイトすれば良いじゃん」って話です。
これは働いていない人だけじゃなくて、定職についている人でも同じです。

ずっとバイトをしたら良いという話じゃ無くて、1週間とか1ヶ月とか、長くてもせいぜい3~6ヶ月ぐらいです。
派遣の仕事とかに登録すれば、その辺簡単でしょ(たぶん。知らないけど)。

日雇いとかの仕事なら、それこそいくらでも見つかると思います。
一日だけなら「今日だけ我慢しよう」っていう根気のなさも全く問題なし♪

しかも、お金も手に入れられます。
何を意図してこんなお話をしているかというと、「やりたいことが分からない」「何をして良いか分からない」状態は、「今のママだったら分かる可能性が低いから」です。

このままだといたずらに時間ばかり過ぎていって、しかも、手元に残るものも無いとなれば、私の方が焦っちゃいます(笑)

だから、外(バイト)から刺激を得つつ、しかも懐も温かくなるやり方が「お金を稼ぐ」ってお話です。
たまに「人のために何かをしたい」という人もいますが、それなら尚更バイトをやれば良いです。

ボランティアは絶対に勧めません。
自分を見失いかけているときは、自分のやったことの対価が見えやすい方が良いからです。

それにバイトを募集しているところは「人力が足りないから助けて~」って言ってるんですから。
そのバイトがブラックとかホワイトとか、そういうのは関係無いです。

意図していることは、良い仕事か嫌な仕事かではなく、お給料でも無く、自分自身に刺激を与えることにあります。

外から刺激を与えることで、重くなった「腰」に電気が走ります

その結果、次への一歩に繋がる可能性が高まります。
自分から起こした変化は次の変化を誘発します。

特に自分が分からなくなっている状態の人にとっては、良い刺激になってくれます。
しかも、稼いだお金でちょっとおいしいものでも食べれば、活力アップにも繋がって尚更良い♪

自分を見失いかけているときほど、お金を稼ぐことに力をいれてみてください。
だんだん地に足をつけ、自分に必要なことが見えてくるようになってきます。

占いを活用するなら、それからでも十分です。