うまくいかないときにどうしたら良い?

うまくいかないとき、まずはここからチェックです。

うまくいかないときに占いの相談をされる方は多いです。

「何とかしたい!」という想いがあるので当然です。

それでなんとかなるなら良いのですが、なんともならなくて余計に混乱と不安が押し寄せてくることがあります。

こういう時は「何とかしよう」としたり、「もっとがんばろう」としたりしないで、動きを止めます。

まずは目の前の事を片付けます

うまくいかないで焦っている時、どうしたら良いか分からなくなっている時は、足下がおろそかになっています。

足下がおろそかになっているというのは、やるべきことをやっていない、他の事ばかりに意識が向きすぎている状態です。

イメージとしては台所が汚い状態(笑)。

ただし、部屋が汚れている、ごちゃごちゃしている、だから運が悪いという意味では無いです。

部屋が汚れていようがごちゃごちゃしていようが、うまくやっている人はいくらでもいます。

大事な事は「うまく行っていない時にどうなのか」です

自分が思っていることにだけ意識が向いてしまい、身の回りがおろそかになってしまう。

うまく行っているときは良いけれど、そうじゃないときにまとめてしわ寄せがきます。

だからこそ、とにかくまずは目の前の事を片付けます。

部屋の掃除もそうですし、物が増えている場合は断捨離も大事。

お付き合い程度の繋がりが増えているなら、片っ端から整理していきます。

もちろん、占いの結果も大事で「何を選択基準にしたら良いか」ということを意識しながら整理していきます。

やるべき事、やらないといけないことを片付け始めると、どん詰まりだった状態に変化が出始めます

大事な事は、今の状況を変えようとして「今の状態のままで何とかしようとしないこと」です。

これ以上頑張っても、これ以上無理をしても状況は変わらないです。

だからこそ、一度立ち止まること、そして身の回りの整理をすることです。

そうすることで新たな展開が開けてきます。

一緒に読んでみてください:
「占いは見えない世界担当、現実は見える世界担当、やり方を間違えるとうまくいかない理由」